「メイカーズ」一駅で名著を解説

ビジネス・経済・経営

今回解説するのは「メイカーズ」です。

この本は、雑誌「ワイアード」の元編集長、クリス・アンダーソンが2012年に書いた本です。
アンダーソンは、「ロングテール」「フリーミアム」のような、時代を表した的確なキーワードをつける名人でもあり、2007年には、タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれています。

「メイカーズ」というのは、「個人でものづくりをする人たち」という意味です。

これは3Dプリンターのような仕組みが一般に普及したおかげで、いまや個人がものづくりをして、それが世界中で売れるようになりました。

そして、ソフトウェアで起こったオープンソースの流れがハードウェアにも起こり、多くの人が同時にものづくりに関わることが可能になりました。

この、「メイカーズ革命」ともいえる出来事について詳しく書かれたのが本書です。

「メイカーズ」(amazonリンク)
https://amzn.to/33OBqYV

コメント

タイトルとURLをコピーしました