『アイデアのつくり方』を解説【ベストセラー】

ビジネス・経済・経営

※この動画は、音声だけを聞いても内容を理解できるようになっています。

今日ご紹介するのは、「アイデアのつくり方」です。

著者のジェームス・ウェブ・ヤングさんは、1886年生まれ。アメリカ最大の広告代理店、トンプソン社の元最高顧問、そしてアメリカ広告代理店業協会の元会長という、広告業界の伝説的な存在です。

そういう方の本なので、ノウハウが詰め込まれた分厚い本を想像するかもしれませんが、まず驚くのが本の薄さです。
本の厚さは1cmもありません。

さらにこの中には、翻訳者のあとがきや、学者の竹内均さんの解説が含まれているので、実質的な本文は60ページほどしかありません。

しかし、内容については定評があり、1988年に初版が出て以降、30年以上増刷を繰り返しているベストセラーになっています。

アイデア発想法に関する本の中では最も有名で、定番的な作品ですので、この動画では、その要点をしっかり解説していきたいと思います。

『アイデアのつくり方』(amazonリンク)
https://amzn.to/2R2eikj

#発想法
#アイデア
#ベストセラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました