【話題作】『空腹こそ最強のクスリ』を解説

ビジネス・経済・経営

『「空腹」こそ最強のクスリ』(amazonリンク)
https://amzn.to/3tb9zPs

これまで長い間、健康に関する食事法は、カロリー制限や糖質制限など、「食べ物の内容を制限する」ことが主流でしたが、最新の医学エビデンスでは、それよりも、「食べない時間を増やす」ことに注目が集まっています。

この本で紹介されている食事法は、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した「オートファジー」研究を元に生み出されました。

オートファジーとは、「古くなった細胞が新しく生まれ変わる」体の仕組みのことで、週に一度でも、まとまった空腹の時間を作ると、食べすぎがもたらす害が取り除かれ、オートファジーが活性化して、体が内側から修復されていく、というものです。

しかもこの食事法は、食べる物を制限するよりも、はるかに簡単に実践ができ、すぐに効果を実感できます。

今回の動画では、この本の中から、とくに重要な次の4つのトピックを取り上げて解説していきます。

1.「一日3食が体にいい」は間違いだった
2.重要なのは空腹の時間
3.ナッツ類はいくら食べてもOK
4.糖がもたらす毒を、空腹で取り除く

▼リンク
定額読み放題 Kindle Unlimited 無料体験
https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/signup?tag=aeaea07-22

本を聞く👂Audible 無料体験
https://www.amazon.co.jp/b/ref=adbl_JP_as_0068?ie=UTF8&node=5816607051&tag=aeaea07-22

#オートファジー
#糖尿病
#糖質制限

コメント

タイトルとURLをコピーしました