【話題作】『雑談の一流、二流、三流』を解説

ビジネス・経済・経営

今回ご紹介するのは、『雑談の一流、二流、三流』です。

著者の桐生稔(きりゅうみのる)さんは、1978年生まれ、新潟県十日町市の出身。
現在は、社会人のコミュニケーション力を向上するセミナーや研修事業を、全国で展開しています。

この本では、雑談の仕方をテーマに、話が3分しか持たずに気まずい沈黙が流れる、という方や、初対面の相手に何を話していいかわからない、といった方に向けて、45項目の具体的な会話の実例が紹介されています。

今回の動画では、その中から、とくに重要な5つの項目を取り上げて解説をしていきます。

1.一流は、相手に焦点をあてることからはじめる
2.一流は、挨拶にツープラスする
3.一流は、具体的な質問をする
4.一流は、15秒~30秒で相手に話を渡す
5.一流は、役割を見極める

■『雑談の一流、二流、三流』(amazonリンク)
https://amzn.to/2XZ0H0L

■中田敦彦のYouTube大学
【一流の雑談力①】コミュ力を身につければ仕事も人間関係も良くなる

【一流の雑談力①】コミュ力を身につければ仕事も人間関係も良くなる

【一流の雑談力②】あなたも「コミュ力おばけ藤森慎吾」になれる

【一流の雑談力②】あなたも「コミュ力おばけ藤森慎吾」になれる

#ビジネス
#教育
#授業

コメント

タイトルとURLをコピーしました