【4分で理解】サウナはなぜ100℃でも火傷しない?

ビジネス・経済・経営

今回は、「なぜサウナは100℃でも火傷しないのか?」について解説をします。

サウナの温度は、だいたい90℃から110℃程度です。

夏の猛暑日には連日35℃くらいの気温が毎日続きますが、それでも、サウナの中と比べれば全然低いことがわかります。

ここでひとつ、素朴な疑問が出てきます。
100℃といえば、水が沸騰するほどの温度で、もしそんな温度の熱湯を浴びたら確実に火傷してしまいます。

しかしサウナでは、なぜ火傷しないのでしょうか?

その理由を、次の3つのポイントから解説していきます。
1.汗
2.湿度
3.空気の層

#サウナ
#気化熱
#猛暑

コメント

タイトルとURLをコピーしました