実際よりも光って見える「グレア錯視」を解説

未分類

今回のテーマは、「グレア錯視」です。

グラデーションで囲むことで中心が「光って見える」、この現象は「グレア錯視」と呼ばれています。

そもそもの基本的なことを考えてみますが、光って見えるためには何が必要なのでしょうか?

単純に考えれば、「明るいこと」が光って見える条件に思えますが、グレア錯視は、「白と同じ程度の明るさでも光って見えることがある」ということを示しています。

つまり、「光って見える」ことは明るさだけでは説明できない感覚なのです。

このグレア錯視については、古くはルネサンスの時代から、画家の技法として用いられていて、1635年に描かれた、レンブラントの「ベルシャザルの饗宴」という絵でも、この効果が利用されています。

#錯視
#レンブラント
#ルネサンス

コメント

タイトルとURLをコピーしました