苦しんでいる人を見ても誰も助けようとしない心理を「傍観者効果」から解説

ビジネス・経済・経営

今回お話しするテーマは、「傍観者効果」です。

1964年のニューヨークで、アパートに帰宅する途中のキティ・ジェノヴィーズという女性が、駐車場で襲われて、ナイフで刺殺されました。

この事件を目撃していた人の数は38人。
近くの住人たちは、悲鳴を聞いただけでなく、部屋の明かりをつけて窓辺からこの事件を目撃していました。
それにも関わらず、誰ひとりとして、彼女を助けることも、警察に通報することもなかったのです。

これは、住人たちが他人に関心のない、冷たい人間ばかりだったから、このようなことが起こったのでしょうか。

社会心理学者の、ラタネとダーリーは、この「キティ・ジェノヴィーズ事件」に注目して、次のような推測をしました。
「38人もいたのに、誰も助けなかった」のではなく、逆に、「38人もいたから、誰も助けなかったのではないか」と。

#傍観者効果
#社会心理学
#キティジェノビーズ事件

コメント

タイトルとURLをコピーしました