【呪術廻戦】最新144話考察 九十九由基と天元は対の関係

新着

2021年3月29日発売の週刊少年ジャンプに掲載された『呪術廻戦』第144話の内容について考察をしていきます。

■九十九由基と天元の関係
・薨星宮の構造を詳しく知っている
・天元「はじめまして」
 「禪院の子」伏黒恵と真希
 「道真の血」乙骨
 「呪胎九相図」脹相
 「宿儺の器」虎杖
 →九十九に会うのは初めてではない
・「私もいい加減天元と向き合わないとね」
・九十九だけ「天元」と呼び捨て
・考えられる可能性
 ①天内理子と同じように星漿体だった
  →結界の外である海外に逃げていた
  →他の星漿体の存在は九十九も知らない
 ②天元と対になるような、近い関係だった
  →天元は「不死だが不老ではない」
   逆なら「不老だが不死ではない」
  →11年前から歳をとっていない
・途中から進む方向が分かれた
 →高専・天元「呪霊を狩っていく」
  九十九「呪霊自体が発生しないようにする」

■天元と六眼の関係
・「六眼が封印された今なら接触が可能」
・考えられる可能性
 ①天元が六眼を恐れている
  →「隠す」結界にとっては天敵
  →五条を天内理子の護衛にしたのは罠
 ②天元が六眼の重要性を理解している
  →天元は封印の解き方を教えてくれるはず
  →天元とは敵同士ではない
  →天元は五条家とつながりがある

■「11年前の歪み」とは何か
・11年前に想定外の出来事が起こった
・考えられる可能性
 ①星漿体の天内理子の死亡
  →スペアは他に用意されていた
 ②伏黒甚爾と五条・夏油の戦い
  →五條悟の覚醒
  →夏油傑の中に芽生えた憎しみ
  →渋谷事変へとつながる転機に

#呪術廻戦
#144話
#本誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました